FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-15

父が突然意識を失い、救急車呼んだりして大変な一日でした
救急隊の方の電話での指示で父を横たわらせ吐かせると意識が戻り、ほっと一安心。
病院に行って色々検査をしてもらいました。
脳に異常はなさそうで、よかったです。
心臓にも疾患があるので、明日は循環器の検査を受けることになりました

なんかほんとに大変だった…。

自分の術後治療のことなんかどうでもいいような気になった。
小さいことでうじうじ悩んでた自分が恥ずかしいというか、そんな自分に呆れるというか。
再発すると決まったわけでもないのに何を大袈裟に悩んでるんだろう、という感じ。

非日常な出来事がそう感じさせるのかな。
いつもの生活にもどったら、やっぱり不安になるのだろうか。
もっとしっかりしなきゃ。

明日、父の検査についていたいけど自分の通院と時間がかぶる…
診察終わったら父のほうの病院に行かないと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nayami

Author:nayami
──────
2009年6月、
ステージⅠ、温存手術。
手術時の年齢35。
断端陰性、ER,PgR陽性、
HER2陰性、核グレード2。

CYP2D6 *10/*10
(活性低下型)
Oncotype DX RS=38
(高リスク)

2011年3月
大腿骨骨粗鬆症判明

2014年6月
リュープリン+フェマーラ終了

2014年8月
エビスタでの治療を開始

ランキング
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
Twitter
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。