FC2ブログ

やっぱり悩み中

2010/01/24
今回の件でショックだったことはふたつあって、
毎日飲んでる薬が効きづらい体質だとわかったことがまずひとつ。
そしてもうひとつは、遠くの病院に足を運んで
わざわざ検査を受けたことを知った主治医に「信じられない」と驚かれたこと。

とても良い先生なので、
今後もずっとその先生に診ていただきたいなーと思っていて
その思いは今も変わらないのだけど、
今回の件で私を見る目が変わるんじゃないかと思うと…ちょっとつらい。
面倒な患者だと思われただろうなぁ。

私なんかよりずっと大変な患者さんをいっぱい診ているのだろうから、
早期で手術も無事終わって今後の心配なんてなにひとつなさそうな私のような患者が
こんなことを言いだしたら、確かにうざいだろうなぁ。
診察中、ずっとドン引きしていた先生。本当に申し訳ないです。
穴があったら入りたかった…。

先生の言うように、
早期で手術ができたのだしもう私の体の中には
少しのがん細胞も残っていないのかもしれない。
再発したらどうしよう、なんてことを考える必要は少しもないのかもしれない。
だとしたら、治療法の変更はやっぱり必要ないのかも…?


スポンサーサイト



comment (1) @ 治療
みんな大変なんだなぁ | CYP2D6遺伝子検査

comment

管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/01/25 Mon 18:02:56

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する