FC2ブログ
2010-04-26

サードオピニオン

先週サードオピニオン行ってきました
やはりここでも違うことを言われてしまった…

11.jpg

以下、A先生のご意見。

・再発率は19~31%、
 化学療法追加で減らせるのは5%~8%くらい。
 これは手術直後にやったとしたら、という数字なので
 10ヶ月もたってしまっている今ではもっと低いと考えられる。
・リュープリン単独での治療はお勧めしない。
 どれであっても飲み薬は追加すべき。

…というわけで、化学療法をしても
たいして下げられないということがわかったので
やめることにしようと思います。
つらい副作用に耐えても再発する可能性がまだ14%~23%、
いやそれ以上あるらしい><
だったらやらなくていいよね!ね!
という結論に達しました
あとは再発しないことを祈るだけ

ホルモン療法は、リュープリン単独だと治療効果が薄いらしい。
再発を抑える力は飲み薬のほうが強いということです。併用しましょう、とのこと。
タモキシフェンでもトレミフェンでもAIでもどれでもいいので何かは飲むべき。
・タモキシフェン→効いてない可能性有り
・トレミフェン→あまり使われていない薬。お勧めはしない
・AI→死亡率が上がるというデータ有り
CYP2D6に関しては効く効かないどちらの説もあるので
自分がどちらを信じるかで決めると良い、とのこと。

これを聞いて、タモキシフェン(かトレミフェン)でもいいのかなあとも
思ったのだけどN先生とW先生が「効かない」と
はっきり言い切ったのがどうしても気になってしまう…。
AIで死亡率が上がるならいっそリュープリン単独で、とも思ったけど
それはA先生に却下されてしまったし。

まいったなー。
でもどれかは選ばないといけないんだから、決めないと。
やっぱAIにしようかなー。
という気持ちになっています。

そんな感じのことを思案しながら
OncotypeDXの結果を眺めていたんだけど…
化学療法追加に関して新たな疑問が出てきてしまった

4.jpg

これはどういうことだろう

上にも書いたように、私の再発率は19%~31%。
Tamのみのグラフは、Tamが効かないと考えるとあまり参考にはならないとしても。

A先生のお話では化学療法で減らせるのは5%~8%、ということだった。
つまり化学療法を受けても14%~23%は再発するという意味だよね

でもこの表を見ると、CMFを追加したときの再発率は5%~13%になっている…。
てことは、14%~18%は下げられるってことではないのかな?
だとしたら、やる意義はあるんじゃないのかなあ。

…とはいってもやっぱり、これも「手術直後なら」というのが大前提なんだよね。。
手術から時間が経ってしまった今となってはあまり意味のない事なわけで(泣)
はあ。化学療法はやっぱりもういいかな…。

そういやリュープリンを追加していることで
CMFと同等の効果がある、とも言われているらしいしね
気にしなくていいよね!ね!



そんなこんなで、まだ若干もやもやする部分はありつつも。
とりあえずまた主治医に相談してきます~

そろそろ結論出さないとね
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nayami

Author:nayami
──────
2009年6月、
ステージⅠ、温存手術。
手術時の年齢35。
断端陰性、ER,PgR陽性、
HER2陰性、核グレード2。

CYP2D6 *10/*10
(活性低下型)
Oncotype DX RS=38
(高リスク)

2011年3月
大腿骨骨粗鬆症判明

2014年6月
リュープリン+フェマーラ終了

2014年8月
エビスタでの治療を開始

ランキング
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
Twitter