FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018-10-10

乳腺外科受付からの電話

話も聞いてもらえないって本当にあるんだなーと半ば呆れ中…

乳腺外科受付から電話があり
こっちの整形外科で診てもらいたいのであれば
向こうの病院でまた紹介状をもらって持ってきてくださいとの事。
整形外科あてで書いてもらうとスムーズだからと。

なんか私クレーマーみたいに思われてるのかな
「整形外科の先生に大丈夫って言われたら安心できるんですよね?」
って受付の人に言われたよ…
大丈夫って言ってもらいたいんじゃなくて
大丈夫の根拠が知りたいんだよ~

だいたい主治医がわからないのであれば
院内の整形外科の先生に画像を見てもらって意見を聞くなり
普通はしてくれるもんだと思ってた
整形外科の先生の意見が聞きたいなら
直接整形外科へ行けって…
医療連携とか全くされてないのかなあうちの病院は

画像見ただけでわからないのであれば
特定するなら骨シンチかなーとぼんやり思ってたけど
そこまでする必要はないと主治医は考えてるみたいだし
私としても画像だけで転移の可能性が否定できるのであれば
余計な検査は入れてくれなくても全然構わない

でも「わからない」「可能性は低い」で切り上げられてしまうのは
不安だけが残ってずっとモヤモヤしながら生活することになる

今度紹介状をもらいに行くわけだけど
宛先は別の病院でお願いしようかな
うちの病院だと問題ないですねって言ってもらえたとしても
信じきれなくて結局モヤモヤしちゃいそう
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お久しぶりです

久しぶりにこちらに来たら更新されていたのでびっくりしました。
私も股関節が痛かった時、MRI専門の病院に行ったんですが、わからないとは言われなかったです。わからないってひどいですね。きっと大丈夫なものだと思いますが、それでもきちんと大丈夫の根拠が知りたいですよね。

Re: お久しぶりです

むぎ茶さんこんにちは!
股関節大丈夫でしょうか?原因は何だったんでしょう?

肩の件、「転移の可能性は全くないとは言えないけどたぶん大丈夫ですよ!」と主治医に言われて
あーそっか大丈夫なんだ~と実は結構安心してたんです(^^;)
骨転移の患者さんもいっぱい診てきてるだろうから
その先生が違うっていうなら違うんだろうと

でも整形専門病院の先生に「もう一回相談すべき」って言われて一気に不安になりました(´・ω・`)
「乳腺の先生がそう言うなら大丈夫ですね~」って言われると思ってた…

一度不安になると止まらないタイプなので原因追求してこようと思います!

お久しぶりです

股関節は今ではすっかりよくなりました(^^)
時々専門外でよく知らないのに脅かすようなことを言うお医者さんっていますよね、、
随分前からある痛みのようなので乳がんが悪さしているとは考えにくいですよね。でもすっきりさせるべきと思います!頑張って下さい!

Re: お久しぶりです

むぎ茶さんの股関節MRIにも私みたいな黒い影がうつっていましたか?
なんという病名かもしよかったら教えてください(>_<)

整形外科の先生に脅かされたけど癌じゃない可能性のほうが高いはず!と思ってます
癌じゃないならなんなんだろうと思って調べようとしたんですけどうまく探せなくて(^^;)
たぶんこれだろうという病名がわかったらとりあえず安心できると思うんです~

股関節のMRIでは痛みのある箇所には何も写ってませんでした。たぶん神経が調子悪かったんだと思います。場所は忘れてしまいましたが、骨の中に黒い丸い影がありましたが、これは石灰化?(だったかな)でよく見られるもので心配ない、骨転移だと境界がぼやけた影になると言われました。かかった整形外科は普通の町の個人病院ですがMRIの結果を見て骨転移はこんな感じじゃないと言ってくれました。骨転移をよく知らない整形外科ってどうなんですかね?と思ってしまいました。痛みがあったら先ずは整形外科にかかりますよね?若くてあまり経験がない先生って大丈夫って言えないから脅かすような結果になるんですよね、、
乳腺の先生の感じが以前と変わったように感じのですが主治医変わったのですか?
乳がんプラザの田澤先生は骨転移かどうかは骨シンチではなくMRI と書いていらしたような、、乳がんプラザで質問するのもいいかもです。
きっと大丈夫と思いますが整形外科の言い方がね、、

Re: タイトルなし

むぎ茶さんありがとうございます!
骨の中の黒くて丸い影、よく見られるものなんですね!
自分の肩の画像と似た感じのものがネット上にないか画像検索しまくっていたんですけど
なかなかみつけられなくて困ってたんです(´・ω・`)

バタバタしていてまだ記事にはしてないんですけど
整形外科の先生が大学病院の骨軟部腫瘍の先生を紹介してくれることになりました。
病院を通して予約を取ってもらったんですが
地域連携の係の人から電話があって
大学病院側から乳腺外科のほうも受診してくださいと言われたとのことで…
両方の科に行ってきます!
なんとも大袈裟な感じになってしまいましたが
大学病院の先生が違うと言ってくれたら心から安心できると思います(^^)
さすがに「わからないけど大丈夫でしょう」とは言わないと思うし!

実際行ったらこんななんでもない症状で大学病院まで来たのかと怒られそうな気もしますが
せっかく先生が紹介状書いてくれたので図太い神経で行ってこようと思います(;^ω^)

来月の予約なので結果がわかるのはまだ先ですけど
このモヤモヤがずっと続くわけではないと確定したのでほっとしました(^^)

そうそう!主治医は途中で変わりました~
手術してくれた先生は別の病院に移りました。
後任が今の先生です

病院が連携した形で受診できるようでよかったです。私達患者は少し図々しいくらいでちょうどいいですよ。とは言え、そんな雰囲気出されたら疲れますよね(^_^;)
すっきりしてまた新しい年を迎えられますね。
やっぱり先生変わったんですね。私は今、海外に来てます。こっち来ている間、平穏無事に過ごせるといいのですが(^_^;)

Re: タイトルなし

海外に行かれてからもうすぐ一年ですよね!
治療や定期検診は問題なく受けられているのでしょうか
何か不安なことがあってもなかなか病院に相談に行けなかったりするので不安ですよね(>_<)

乳がん患者さんのブログを見ていると担当の先生にメールで質問したりされてる方がいて
羨ましい環境だなぁと思ったことがあるのですが
むぎ茶さんのように海外に行かれる患者さんの場合
そういう対応があっても良いんじゃないかなぁと思ったりしたのですが…
なかなか難しいのでしょうか(´・ω・`)

何度も失礼します(^^)
この秋に海外に来ました。なのでまだ始まったばかり、、何か不調が起こったら不安です、、今はこちらに慣れるのが大変であまり病気のことを考えずにいます。
N先生から同じ大学病院でご主人がイギリス人の先生を紹介頂いて書類関係はその方が対応してくれました。メールでもやりとりしてますが、何か心配事を相談しても結局は帰国するよう言われるでしょうね、、
医療は日本が安心です(^^)
ではまたの元気な更新を楽しみにしております!

Re: タイトルなし

まだ始まったばかりなんですね、
今年のはじめ頃に行かれたのだと思いこんでました!
遠い異国の地での治療は不安ですよね(>_<)
イギリスだと簡単に帰国もできないですし…

なにごともなく過ごされることお祈りしております!

プロフィール

nayami

Author:nayami
──────
2009年6月、
ステージⅠ、温存手術。
手術時の年齢35。
断端陰性、ER,PgR陽性、
HER2陰性、核グレード2。

CYP2D6 *10/*10
(活性低下型)
Oncotype DX RS=38
(高リスク)

2011年3月
大腿骨骨粗鬆症判明

2014年6月
リュープリン+フェマーラ終了

2014年8月
エビスタでの治療を開始

ランキング
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
Twitter
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。