--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-06-19

治療とは全く関係ない話

これ以上はヤバイな(見た目が)という体重ラインから
2キロオーバーを常にキープしてしまっていたワタシ。
ホルモン療法の副作用よ!!という言い訳を常に頭の中でしていたわけですが…
先月の今頃、ついに3キロオーバーに!!
というわけで一念発起、ダイエットをはじめました

3ヶ月集中ダイエットグラフというのをネットで拾って体重記録をつけてみた。
これがなかなか使い勝手がよくてねーー。作者さんありがとう^^
1ヶ月で3キロ落ちました~。
とはいえまだ↑の体重ラインにようやく到達したという感じなので、、
もうちょっと落とせたらいいな。

でもつい先日の5年目血液検査、
こんなに頑張って体重落としたのにコレステロール値は高かった。

…やっぱりホルモン療法のせいだ!!!

スポンサーサイト
2014-06-06

今月で5年

今月で乳癌の手術から5年になりますー
先日最後のリュープリン打ってきました
フェマーラは今月いっぱい飲むつもり

さてここで治療をやめるか
それともなんらかの形で続けるか?という問題

リュープリン+フェマーラはこれ以上続けるのは良くないと思うからやめる
骨のことも気になるし

で、今後やるとしたらタモしかないんだろうけどCYP2D6検査を重視した結果がこれまでの治療なわけで、
ここでタモをやるのは過去の自分の選択を否定するかのような行為…
そう考えると潔くここで治療をやめるべきかな、とも思うけど
ホルモン陽性乳癌の治療は10年推奨と先日のASCOでも出たようだし、
5年で完全無治療で大丈夫なんだろうかという不安もやっぱり出てくるんだよね。
無駄かもしれないとおもいつつもタモを飲んでみるというのもひとつの手かもしれない

余談だけど日経MOついに医療関係者のみになっちゃったね
タイトル部分しか見れなくて相当残念だわー
情報収集できなくなっちゃった

で話を戻すと、決められないから最後にもう一度セカオピに行くことにした
来月東京行ってきます
プロフィール

nayami

Author:nayami
──────
2009年6月、
ステージⅠ、温存手術。
手術時の年齢35。
断端陰性、ER,PgR陽性、
HER2陰性、核グレード2。

CYP2D6 *10/*10
(活性低下型)
Oncotype DX RS=38
(高リスク)

2011年3月
大腿骨骨粗鬆症判明

2014年6月
リュープリン+フェマーラ終了

2014年8月
エビスタでの治療を開始

ランキング
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
Twitter
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。