--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-28

骨粗鬆症治療

骨粗鬆症の治療開始です

ベネット17.5mgをとりあえず一ヶ月分処方してもらってきました
週一回…飲み忘れないようにしないとなー。

薬飲んでれば骨密度ってあがるのかな?


そうそう
弟の骨密度は異常なしでした。
てことはやっぱり薬(フェマーラかリュープリン)のせいなのかなあ…?
どうなんだろ。


骨密度が落ちてることもあって
もう一度乳癌の治療内容を見直さないといけないかも、と考えてます
どっちにしろリュープリン24回目を迎える頃にもう一度セカオピに行くつもりでいたんだけどね
スポンサーサイト
2011-03-13

骨粗鬆症外来

骨粗鬆症外来行ってきました
腰椎と左大腿骨頸部の骨密度を測定
結果はすぐにわかるということで、その場で説明受けました
なんとも微妙な結果…

とりあえず簡単に言うと
腰椎はまだ大丈夫だけど
大腿骨は骨粗鬆症になりかかっているのだそう。
骨のマーカーをとるから2週間後に結果を聞きにきてくださいとのこと。
場合によっては骨粗鬆症の治療をはじめたほうが良いそうです

とりあえず手で測るタイプの骨密度検査は全然アテにならないので
前の2回の結果は参考にできないということを言われました
あとビタミンDのサプリなんて飲んでも全く意味がないので飲まなくていいです、との事
なーんだやっぱりそうか
そうじゃないかとは思ってたけど…
いっぱい余ってるけどもうやめよう

一般的には腰椎が先にガクッと落ちて、大腿骨はそのあとで減りはじめる傾向にあるとのこと。
私の大腿骨の減り方はちょっと不自然らしい
フェマーラのせいじゃないのかなと思ったんだけど、
薬の影響でもここまで落ちることは考えにくいということで…
先天性のものという可能性もあると言われました

先天性のものということは、親からの遺伝ってことだよね…
家族にも骨の検査を勧めたほうが良いかも、と先生は言ってました
でもうちの親は検査のために遠くまで出向くようなメンドクサイことは嫌がるんだよね
近くには骨粗鬆症専門のクリニックなんてないし、どうしようかなー
などということを考えながら帰路につきました

家族に話したら、弟だけは検査を受けたいと言ったので
再来週連れていこうと思います




…………あんまり考えたくないんだけど、
骨転移ってことはないよね…?
プロフィール

nayami

Author:nayami
──────
2009年6月、
ステージⅠ、温存手術。
手術時の年齢35。
断端陰性、ER,PgR陽性、
HER2陰性、核グレード2。

CYP2D6 *10/*10
(活性低下型)
Oncotype DX RS=38
(高リスク)

2011年3月
大腿骨骨粗鬆症判明

2014年6月
リュープリン+フェマーラ終了

2014年8月
エビスタでの治療を開始

ランキング
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
Twitter
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。