FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018-10-10

乳腺外科受付からの電話

話も聞いてもらえないって本当にあるんだなーと半ば呆れ中…

乳腺外科受付から電話があり
こっちの整形外科で診てもらいたいのであれば
向こうの病院でまた紹介状をもらって持ってきてくださいとの事。
整形外科あてで書いてもらうとスムーズだからと。

なんか私クレーマーみたいに思われてるのかな
「整形外科の先生に大丈夫って言われたら安心できるんですよね?」
って受付の人に言われたよ…
大丈夫って言ってもらいたいんじゃなくて
大丈夫の根拠が知りたいんだよ~

だいたい主治医がわからないのであれば
院内の整形外科の先生に画像を見てもらって意見を聞くなり
普通はしてくれるもんだと思ってた
整形外科の先生の意見が聞きたいなら
直接整形外科へ行けって…
医療連携とか全くされてないのかなあうちの病院は

画像見ただけでわからないのであれば
特定するなら骨シンチかなーとぼんやり思ってたけど
そこまでする必要はないと主治医は考えてるみたいだし
私としても画像だけで転移の可能性が否定できるのであれば
余計な検査は入れてくれなくても全然構わない

でも「わからない」「可能性は低い」で切り上げられてしまうのは
不安だけが残ってずっとモヤモヤしながら生活することになる

今度紹介状をもらいに行くわけだけど
宛先は別の病院でお願いしようかな
うちの病院だと問題ないですねって言ってもらえたとしても
信じきれなくて結局モヤモヤしちゃいそう
スポンサーサイト
2016-12-12

1年も空いてしまった

更新が一年も空いてしまいました
最近は乳癌のことを忘れている日々です
もう手術から7年半もたったんだなぁ

治療はエビスタのみでずっと続けています
年一回の骨密度検査では腰椎が同年齢の標準値以上という結果…多分エビスタによる影響
でも大腿骨は低いまま

そういえば術側の乳房にホクロができて
なんだか少しずつ大きくなってるのが気になるんだけど
皮膚科で診てもらったら「普通のホクロ、加齢で新しくできたんでしょう」とのこと

そしてここ数ヶ月で生理不順になってきた。
閉経するのかな?
一般的な閉経年齢よりだいぶ早いとは思うけど5年続けたリュープリンの影響だろうか

オンコタイプDX受けて高リスクと出た私ですが
結局悩んだ末に抗がん剤を受けるのはやめにして、あれから7年半。
再発率26%の文字に怯えていたけど最近本当に忘れてる。
10年目指してこれからも頑張ります
2015-04-27

先月の事

とても悲しい出来事があって暫く更新する気になれませんでした
乳癌とは関係のない事なんだけど

気持ちもすこし落ち着いてきたし
そろそろブログも通常営業に戻します
…といっても元々1~2ヶ月に1回の更新ですが
プロフィール

nayami

Author:nayami
──────
2009年6月、
ステージⅠ、温存手術。
手術時の年齢35。
断端陰性、ER,PgR陽性、
HER2陰性、核グレード2。

CYP2D6 *10/*10
(活性低下型)
Oncotype DX RS=38
(高リスク)

2011年3月
大腿骨骨粗鬆症判明

2014年6月
リュープリン+フェマーラ終了

2014年8月
エビスタでの治療を開始

ランキング
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
Twitter
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。